windowsのupdateができない場合の2つの対処法

windows update できない

 

windowsは定期的に不具合を解消するために、updateが追加される場合があります。

 

これを用いることによって、ウイルスや重大な欠陥からパソコンを守ることができるのです。

 

しかし、肝心なwindowsのupdateが上手くできない場合もあります。

 

その時は、どんな対処方法を考えれば良いのでしょうか?

 

 

updateできない時のトラブル解消方法

 

windows update できない

 

windowsで行うことができるupdateですが、中々上手くできないこともあります。その時に確かめておきたいのが、「問題を解決する」という項目です。

 

まずは、「スタート」から「コントロールパネル」を選択して「システムとセキュリティ」をクリックします。

 

そこから「システム」を選択して画面左下にある「アクションセンター」を開きます。

 

スポンサーリンク

 

「アクションセンター」を開いたら、画面の下部にある「トラブルシューティング」をクリックして、「windows updateで問題を解決する」を選択します。

 

ここで、updateに問題があるのかどうかをチェックできます。

 

画面が切り替わったら、下部にある「次へ」をクリックします。

 

すると自動的に診断が始まり、もし更新が必要な場合には自動的にupdateがスタートしていきます。

 

トラブルの状態によっては、30分ほどかかるので気長に待ちましょう。

 

 

余分なwindows周辺機器などを取り外す

 

windows update できない

 

windowsのupdateができない原因のひとつに、パソコンに接続している周辺機器が影響を及ぼしている可能性もあります。

 

updateの失敗を繰り返すときには、余分な周辺機器を外してパソコンをクリーンにするように工夫しましょう。

 

スポンサーリンク

 

またインターネット接続に関しては、できるだけシンプルな方法を採用します。

 

たとえば、USB無線のLAN子機を使っている場合には、PC背面のマザーに直結しているUSBポートに繋げるという具合にです。

 

 

windowsでupdateが実行できない不具合が生じている場合には、トラブル解消などを考えるか、余分な周辺機器を外すなどして取り組むようにしましょう。