パソコンの消費電力を抑えるときに試してほしい2つの方法

パソコン 消費電力

 

パソコンを使っていて、ふと疑問に残るのが消費電力ですよね。

 

一体パソコンはどのくらいの消費電力なのでしょうか?

 

そして、省電力に抑えるにはどうすれば良いのでしょうか。

 

 

パソコンの種類によって消費電力は異なる

 

パソコン 消費電力

 

パソコンの消費電力は、使っているパソコンのスペックや種類によって異なります。

 

一番消費電力が低く省エネだと言われているのがノートパソコンです。

 

1ヶ月間使用し続けた状態でも500円程度と経済的です。

 

スポンサーリンク

 

しかし、一般的なデスクトップパソコンでも同期間でも2000円ぐらいということですから、パソコンはずっと使い続けると結構電気代がかかっていると分かりますね。

 

ここでの消費電力はあくまでも一般的なものであり、搭載されている内部機器や使っているパソコンのCPUなどによっては、消費電力は大きく異なります。

 

それによって、最終的に発生する電気代が変わってきますので、参考程度に考えてみてください。

 

 

省電力なパソコンを入手するには?

 

パソコン 消費電力

 

できるだけ無駄を省いて、電力の消費を抑えるパソコンを使いたい場合には、どこを気をつけるべきなのでしょうか。

 

一番効果が高いのが、CPUとマザーボードです。

 

スポンサーリンク

 

CPUの性能によって消費される電力が変わってきますので、ここをまずは考えるようにしましょう。

 

そしてマザーボードです。マザーボードはチップセットが低消費電力のものを選びます。そして製品によって異なるのですが、多機能なATXよりも、M-ATXのほうが消費電力が小さい傾向にあります。

 

 

意外と電気を喰うのがパソコンモニター

 

パソコン 消費電力

 

デスクトップパソコンの場合は、モニターの電気料金が案外バカになりません。

 

消費電力を抑えるには、できるだけ大きなものは避けて、消費電力が小さいものを使い、頻度を下げて使うということも忘れないようにしましょう。

 

 

意外と電気代がかかるパソコン。できれば低く抑えたいものですね。