新しいパソコンに元データを移行させる4つの簡単な方法

パソコン データ移行

 

パソコンを新しく買い換えて、今あるパソコンからデータ移行をさせたいとき、どうすれば良いのでしょうか?

 

 

1.転送ツールを活用してデータをスムーズに移行する

 

パソコン データ移行

 

windowsパソコンであれば、標準搭載されている「windows転送ツール」を使うことで、気軽にデータ移行が可能となります。

 

この方法を用いるには、転送ツールケーブルという2000円程度で販売されているUSBケーブルを用意するのが一番楽にデータ移行ができます。

 

このツールをUSBポートに接続するだけで、自動起動をしてデータの移行がスタートします。

 

スポンサーリンク

 

もし外付けHDDを持っているのであれば、外部のメディアにデータをコピーしてから、新しいパソコンにデータ移行することもできます。

 

難しい設定は一切ありませんので、外付けHDDを持っている場合にはこちらを選択しましょう。

 

次に、少し難しいですがネットワークLANを用いてデータ移行をするという方法もできます。

 

双方のパソコンでLAN機能が搭載されている必要があり、さらに設定をする必要もあるので厄介です。

 

 

2.手動でバックアップを取ってからデータ移行

 

パソコン データ移行

 

パソコンは定期的にバックアップファイルを作成したほうが、万が一の時に助かります。

 

データ移行をする際も、別でバックアップファイルを作成しておき、それを新しいパソコンにコピーさせるという仕組みになります。

 

スポンサーリンク

 

外付けHDDやUSBメモリ、さらにはDVDなどを持っていればこの方法を使うことができます。

 

難しい操作などもありませんので、比較的簡単にできるでしょう。

 

 

3.有料ソフトを用いることでもデータ移行ができる

 

パソコン データ移行

 

新旧両方のパソコンに、データ移行専用のソフトをインストールしておき、ケーブルで繋いでボタンを押すだけで、データが移行されていきます。

 

有料ということもあり、何も難しい操作が必要ありませんので、パソコン操作が苦手な人に向いています。

 

 

4.データ移行できないファイルは・・・

 

パソコン データ移行

 

データ移行をすることで、ある程度の情報を引き継ぎさせることができます。

 

しかし中にはコピーそのものが禁止されているタイプもありますから注意してください。

 

たてば、自分で購入したりダウンロードしたアプリケーション、セキュリティ対策が主な使い道のアプリケーションはデータ移行そのものが出来ません。