windowsのメールを使用する正しい設定と手順方法

windows メール

 

windowsでは独自の電子メールアドレスを取得して、メールの送受信が可能です。

 

しかし、それには手続きをしなければいけません。

 

どうすれば、windowsでメールを扱うことができるのでしょうか?

 

 

windowsは複数の電子メールアカウントを取得できる

 

windows メール

 

windowsメールでは複数のプロパイダと契約して取得したメールアドレスを管理することができ、それらはそれぞれメールを分けられるので、保存などがとても便利になります。

 

複数の電子メールのアカウントを取得でき、フォルダはそれぞれ分かれているので、クリックひとつでアカウントを移動させられるので、非常に便利になります。

 

スポンサーリンク

 

しかも、windowsメールでは多数のタイプのプロパイダを使用できるのでほとんどのプロパイダは適用できるので困ることは少ないでしょう。

 

 

まずは電子メールごとに情報を登録する

 

windows メール

 

windowsメールで複数アカウントを取得して、メール管理を楽にしたいのであれば、まずはプロパイダの電子メールごとに、必要なアカウント情報を収集しておかなければなりません。

 

多くのユーザーは、この設定段階で専門的な用語が出てきて挫折してしまいます。

 

スポンサーリンク

 

しかし、設定をする項目の用語は少し理解してしまえば何ら難しいものではありませんので、ここで諦めてしまうのは早計です。

 

まずは電子メールサーバーの種類を確認します。ほとんどは「POP3」サーバーで問題はありません。

 

その他にも、「IMAP」や「SMTP」という方法もありますが、あまりこちらは知らなくても大丈夫です。

 

 

送受信メールサーバーの設定をする

 

windows メール

 

採用したい電子メールアカウントで使用するサーバーの種類が分かったのであれば、今度は、送受信電子メールサーバーのアドレスを見つるプロセスが必要になります。

 

この欄で記述する送受信サーバーで入力する項目は形式が決まっていますので、覚えてしまえば難しいと感じることは無いでしょう。

 

たとえば、「myisp」というプロパイダの場合のサーバーアドレスはPOP3であれば受信サーバーが、「pop.myisp.com」となります。

 

送信サーバーの場合は、「smtp.myisp.com」という具合です。

 

ここまでの設定が完了すれば、これ以降に送信されてくるメールはwindowsメールに送られるようにない、プロパイダごとに管理できるので非常に便利です。