bluetoothを使ったテザリングのOS別の簡単な接続方法

bluetooth テザリング

 

bluetooth経由のテザリングができれば、消費電力を低く抑えてネットに接続されていない、タブレットやノートパソコンをネット接続が可能となります。

 

どうすれば、bluetoothを使ってテザリングが出来るのでしょうか?

 

 

bluetoothはスマホにほとんど搭載されている

 

bluetooth テザリング

 

bluetoothを使ってテザリングをするには、対応機器が必要となりますが、最近はスマホに標準搭載されていますので特に機器に関して困るということはないでしょう。

 

標準OSの違いによって、bluetoothを使う方法やそこからテザリングを扱う手順が異なりますので、androidとiosの両方からタブレットやノートPCへbluetooth経由のテザリングの方法を紹介していきます。

 

 

android端末のbluetooth接続設定

 

bluetooth テザリング

 

まずはandroidからbluetoothに接続して、テザリングを行う方法です。

 

同じosであっても、機種によって若干の操作手順が異なりますが、方法としては統一されているので参考にしてみてくださいね。

 

まずはホーム画面にある「設定」をタップし、「その他の設定」を選択します。

 

スポンサーリンク

 

すると別画面に切り替わりますので、そこから「テザリング」をタップし「bluetoothテザリング」という項目にチェックマークをいれます。

 

チェックマークを入れると確認画面が出てきますので「OK」をタップ。

 

一旦前の画面に戻りますので、「bluetoothテザリング」にチェックマークが入っていれば、設定は完了です。

 

 

ipadもテザリングができる設定をする

 

bluetooth テザリング

 

android端末で、bluetoothテザリングの準備が完了したら、テザリングしてインターネットに繋ぐタブレットやノートPCの設定を行います。

 

まずは、android端末で、「設定」画面にある「bluetooth」をタップして、電波を周辺機器で読み取らせるようにします。

 

スポンサーリンク

 

続いて、共有したい端末の設定です。便宜上、ここではipadを使っての説明とします。

 

ipad側の「設定」メニューから「bluetooth」をタップして、スイッチをオンにします。デバイス欄に、使っているandroid端末の機種名が表示されたら、そこを選択します。

 

すると確認画面が出てきますので「ペアリング」を選択すれば、接続が可能となるのです。

 

 

iphoneからテザリングをする方法

 

bluetooth テザリング

 

続いて、iphoneからipadへbluetoothからテザリングをする方法です。

 

まずは、iphoneの「設定」から「インターネット共有」をタップして「インターネット共有」画面を表示させます。

 

画面の上部に「インターネット共有」のチェックをオンに切り替えると、bluetooth接続におけるテザリングが可能となります。

 

次にipadもandroid板で紹介した方法を用いて、bluetooth接続を行うことで、テザリングを行えます。

 

 

bluetoothを使えば、テザリングによってインターネットへの接続が可能です。

 

稀にbluetoothの機器が対応していない場合もありますので、そうした場合は利用できない点に注意が必要でしょう。

 

しかしながら、インターネット共有が可能なテザリングの機能があれば、様々な場面で便利に用いることができますよね。